美容クリニックの脱毛と家庭用脱毛器の特徴

脱毛と言うと、エステサロンや美容クリニックなどの専門施設で行うものというイメージがありますが、家庭用脱毛器を使用することで、自宅で手軽にムダ毛を処理することができます。ですが、美容クリニックの脱毛と家庭用脱毛器では大きな違いが出てくるので注意が必要です。

美容クリニックの脱毛は、肌にレーザーを照射してムダ毛を取り除いていきます。


このレーザーは、元々はシミやホクロ、アザなどを薄くする治療として使われていました。

それが、ムダ毛の成長を抑える効果があることが分かり、脱毛施術として使われるようになりました。つまり、レーザーの照射は治療行為にあたるため、医師の資格のある人でしか行うことができません。

レーザー脱毛はムダ毛に大きなダメージを与えることができるため、永久脱毛に近い仕上がりを期待することが可能です。


ですが、その分、痛みも大きくなるので注意しましょう。
これをカバーするために、多くの美容クリニックでは施術時に麻酔を使用します。

麻酔には吸引するガスタイプや、施術部位にクリームを塗ったり、テープを貼るタイプなどがあります。


家庭用脱毛器にはムダ毛を挟んで抜いていくものと、フラッシュを当てるものがあります。


ここで使用されるフラッシュは、レーザーの威力を弱めたもので、誰もが安全に使えるというメリットがあります。
家庭用脱毛器の大きなメリットは、自分の好きな時間にムダ毛を処理できることです。

仕事が忙しい人や、小さな子供の育児中で外出が難しい女性でも、綺麗に脱毛できるのが特徴です。